グラウンドアップ通信 2016年4月号

〈肩こりと浅い呼吸〉

 こんにちは、いつもお世話になります。センター北駅近くで、〝姿勢から生活機能を改善するデイサービス〟リハビリスタジオ

グラウンドアップを運営しています、管理者の髙山雄介です。よろしくお願い申し上げます。

 さて、肩こりに悩む方は周りにいらっしゃいますでしょうか?厚生労働省の調査によると、人口1000人に対して、肩こりの症状を訴え

る女性が130人、男性が60人という調査結果があります。また女性の肩こり人口は20代から50代で65%に達するとも言われています。

 肩こりの原因は様々ですが、その一つに横隔膜を使った、正しい呼吸を行えていないことがあります。人間の肺自体には筋肉がなく、

横隔膜が収縮することで呼吸をすることができます。しかし、この横隔膜を十分に使えず、副呼吸筋と呼ばれる首周りの筋肉を、過度に

使った浅い呼吸を、行っている方が多く見られます。

 人は1日に約20,000回呼吸をしています。首周りの筋肉を使う呼吸を毎日2万回行っていると、筋肉が常に緊張状態になり、血流が

乏しくなり痛みが生じます。 

photo○息を吸う・横隔膜が収縮して下に下がる → 空気が肺に送り込まれ深く吸うことができる

✖️息を吸う・首周りの筋肉で肋骨を上に引き上げる → 横隔膜が働かなくても空気が入ってくる、

 空気が少ししか入ってこない → 浅く速い呼吸 → 首周りの筋肉をより緊張させる

 グラウンドアップでは、正しく深い呼吸を行うためのエクササイズを行っています。   

【簡単⁉︎呼吸エクササイズ】

方法:①胸とお腹に手を当てる。

   ②5秒間かけて息を吸い、胸とお腹を同時に膨らませる。IMG_2643

   ③10秒間かけて息を吐く。胸とお腹は同時にしぼんでいく。

目的:横隔膜を働かせる深い呼吸を行う。胸とお腹に同時に

効果:息を長く履くことで横隔膜をリラックスさせ、動きを促進する

注意点:胸を反らせたり、顎をあげたりしないように、リラックスして息を吸う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA